ブロガーは知っとくべき?パーソナライズド検索を無効にする方法は!?

ツール

ブログをやっていたり、SEOに興味がある人は聞いたことがあるだろうパーソナライズド検索。

今回は、このパーソナライズド検索機能を無効にする方法について紹介したいと思います。

パーソナライズド検索とは

パーソナライズド検索とは、ユーザの検索履歴や地域情報から検索結果をカスタマイズしてくれるGoogleの機能になります。

そのため人によっては同じキーワードで検索したとしても、検索結果の表示順は変わる可能性があるということです。

普通に検索をする分には問題が無く、むしろありがたい機能なのですが、例えば自分のブログや企業のサイトの検索順位を知りたいときには正確な順位を把握することができなくなってしまいます。

そのため、正確な順位を知りたいときは、パーソナライズド検索機能を無効にする必要があるということです。

今回は、簡単に無効にできる方法について2つ紹介したいと思います。

シークレットモード

GoogleChromeにある機能で、閲覧履歴やcookieなどのデータが保存されないモードになります。

このシークレットモードを使用することで、パーソナライズド検索機能を無効にすることができるというわけです。

シークレットモードの起動方法

GoogleChromeを開いた状態でWindowsだと「Ctrl + Shift + n」
Macだと「⌘ + Shift + n」の同時押しでシークレットモードが別タブで開かれます。

また画面上から開く場合は、設定>新しいシークレット ウィンドウ をすることでも可能です。

シークレットウィンドウを削除するときは、右上の×を押してあげればブラウザが閉じます。履歴などは残りませんのでご注意を

 

URLの末尾に「&pws=0」を入力

GoogleChromeでキーワードを検索した後に、URLの末尾に「&pws=0」を入力してあげることで、パーソナライズド検索機能を無効にすることができます。

ただ毎回、検索してはURLの末尾に入力するのは面倒ですよね。

そんな時は、検索エンジンの設定を変更してあげれば、履歴を残した状態でパーソナライズド検索機能を無効にすることができます。

「https://www.google.com/search?q=%s&hl=ja&pws=0&source=hp&sclient=mobile-gws-wiz-hp」をクエリURLに入力して、デフォルト設定にすれば可能です。

 

まとめ

以上が、パーソナライズド検索機能を無効にする方法になります。

SEO調査などするときには重要になる要素ですので、是非とも活用していただければと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました